外国人向けワークパーミットの申請方法

労働社会局は、外国人にベトナムのワークパーミットを発行する権限を持つ唯一の機関です。ワークパーミットの有効期間は36か月(3年)です。有効期限が切れると、外国人労働者は更新のために再申請する必要があります。以下は、就労許可の取得に関するよくある質問と回答です。

A-ベトナムでワークパーミットを適用する方法

1.必要書類:

+ワークパーミットフォームのリクエスト。 (2014年4月に発行された新しいフォーム、雇用主は準備する必要があります)。

+健康診断結果

+犯罪歴証明書(180日以内に発行)、申請者がベトナムに6か月以上滞在している場合、ベトナムの犯罪歴と出身国の犯罪歴の両方を提供する必要があります。

+学位(大学以上)

+前の雇用主からの実務確認文書

+パスポート(コピー)

+雇用主が外国人労働者を雇用することを許可する委員会からの承認文書

+雇用主のビジネス認定証

+パスポートサイズの写真2枚

2.処理日数:40営業日

B-ベトナムでワークパーミットなしで働くことはできますか

はい、次のいずれかに該当する場合可能です:

+勤務期間が3か月未満の場合

+ 1人以上の社員を雇用する有限会社の場合

+ベトナムにおける有限会社の所有者

+合資会社の役員

+ベトナムで外国企業向けのサービス販売活動を行う場合

+法務省が発行した法律実務免許を持つ外国人弁護士

C-ワークパーミットを取得しないで、ベトナムでサービス販売活動を行う際に何が必要ですか?

名前、生年月日、国籍、パスポート番号、ベトナムでの販売活動期間、ベトナムでの事業活動の詳細を記載した文書で、労働社会局に報告する必要があります。このレポートは、ベトナム入国の7営業日前に(ファックス、郵便、オフィスでの提出などで)送信する必要があります。

例:

外国人が2013年5月16日からハノイでサービス販売を目的として営業活動を行う場合、担当者の報告書は2013年5月7日までにハノイ労働社会局に送られている必要があります。

>>詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。