ベトナムの労働市場と雇用プロセス

ベトナムでは人材を募集して採用するとき、雇用の機会とその義務を知ることが重要になります。この記事では、業務プロセス、雇用主への規制、ベトナムでの基本的な雇用プロセス、および雇用主として利用可能なリソースの理解に関して説明します。

ベトナムの労働条件

過去数十年にわたり、ベトナムは急速で包括的な開発に直面しています。勢いよく伸び続ける経済は、社会の構造だけでなく経済自体の変化にもつながっています。

現在、サービス部門や製造部門に雇用される人の数が増えておりGDPの上昇に貢献しています。さらにベトナム経済が世界レベルに統合されていくことにより、この変化はさらに加速していく見込みです。

労働力の規模

毎年約100万人の若者が労働市場に参入しており、現在のベトナムには労働力の大きな基盤があります。ベトナム人労働者の高い価値は、国民性であるその勤勉さはもちろん、新しい技術を使ったり適用させたりする柔軟性に由来しています。

しかし、ベトナムに基盤を置いている多くの外資系企業及び地元企業は、ベトナムの膨大な労働力が有益であることを認識しています。

膨大な数の若年層の労働力でも、言語と技術の面で高度なスキルを必要とする業界での理想像と実際の志願者の間には、まだかなりのギャップがあります。

その結果、ベトナムに在住する外国人の職業は主に管理職を占めており、多くのベトナム人労働者は依然として比較的低いスキルのみが必要とされる仕事や、いわゆるブルーカラーの仕事に従事しています。

賃金と給与

ベトナムの労働では、その膨大な労働力に加えコストを抑えられることも魅力です。

ベトナムの平均給与は、世界中の他の地域と比べてはるかに低いです。たとえば、ハノイとホーチミン市では、最低賃金は180米ドル(4,180,000ドン)ですが、多くの農村部では最低賃金は126米ドル(2,920,000ドン)です。

コストは低くなりますが、2017年時点では、民間企業と外国企業の両方の月平均給与がそれぞれ3.3%と13.5%増加したことが記録されました。以下のデータは、ベトナムで平均給与が最も高い地域の一部です。

バクニン– 421米ドル

ビンズオン– 444米ドル

ダナン– 452米ドル

ハノイ– 407米ドル

ホーチミン市– 456米ドル

*最低賃金は2020年1月に引き上げられました。

ベトナムでの採用募集

労働のスキルと教育

前述のように、ベトナムの多くの企業、特に外資系有限責任会社は、ベトナム国内で高いスキルを持った労働力の確保に苦戦しています。

2019 Global Talent Competitiveness Index(GTCI)は、ベトナムが技術を持ち込み、開発、維持する能力があることで、125か国中92位にランクされていると評価しました。

このリサーチでは、ベトナムが特に職業と技術のスキルにおいて、十分な教育資格を持つ技能労働者と才能のある労働者を持たないという課題に直面していることを示しています

高いスキルを持った労働力の不足は、労働集約型産業からハイテク市場への経済的移行を確実に損ないます。その結果、減速はベトナムの競争力にマイナスな影響を与え、適切な候補者の採用はより困難になります。現在、ベトナムの外国企業の約40%が高いスキルを持った労働者の採用に問題を抱えています。

参照の通り、集中的な労働力を持つ部門は、ベトナムの経済成長を牽引し続けています。しかし、世界経済がIndustry 4.0に向かうにつれてベトナム政府は労働の質を高め、国内の労働市場の競争力を強化するために、すべての主要セクターで効果的な改革を行う必要性を認識しています。

2018年3月、ベトナム政府は労働市場の要件を満たすために、技術分野と職業分野のトレーニングを増やすための措置を講じ、政令No. 49/2018 / ND-CPの導入でベトナムの若年層は職業教育の認定を取得する機会を得ました。

政府は、2018年にベトナムの220万人に職業訓練を提供するという目標を達成し、2018年第1四半期の時点で、ベトナムにはすでに545の職業訓練校と395の大学を含む1,900を超える職業訓練センターがあります。

これらの機関は、情報技術(IT)、美容サービス、観光、ファッション、織物および衣服、建設、精密機械、医薬品、ホテル管理のプログラムを提供しています。

ベトナムでの採用およびそのプロセス

ベトナムでレベルの高い労働人口を採用し雇用するには、会社を設立してから講じることができる複数の方法があります。

最も一般的な方法の1つは、採用およびそのプロセスを第三者に外注することです。アウトソーシングは、組織が企業を一般に紹介し、地元と海外の両方で多数の候補者を引き付けるのに役立ちます。

特定のスキルと知識の観点から、外国人を雇う方が現在の事業運営にとって理想的だと思われる場合、もしくは特定のスキルセットについて既存の社員をトレーニングする時間と資金がない場合、外国人雇用のプロセスにおける規制をよく理解していれば、雇用はそれほど難しくありません。

ベトナムでの外国人雇用

ベトナムでは、ビジネスビザ、ビザの免除、在留カードなどでは、外国人は合法的に働くことができず、ベトナムの労働法下では外国人を雇用する前にワークパーミットを取得しなければなりません。

当該ワークパーミットの適用に関する唯一の例外は、外国人が免除証明書を取得し、免除基準を満たすことです。例えば、外国人がベトナムの合資会社の取締役会のメンバーの場合や、ひとりまたは複数メンバーの有限責任会社の所有者などの場合です。

ベトナムでの採用募集の要件

ベトナムで働くことを希望する外国人にはワークパーミットが必要であり、その許可は地元の労働局で申請しなければなりません。さらに、外国人はワークパーミットの他に、雇用期間中にベトナムに合法的に滞在するために、居住許可とビジネスビザが必要です。

ワークパーミット

ベトナムで3ヶ月以上働く外国人には、有効期間は最大24か月間、更新可能なワークパーミットが必須です。

ビジネスビザ

外国人がベトナムで3か月未満働く場合はビジネスビザの取得のみで就労が可能で、この場合ワークパーミットの取得は必要ありません。

ビジネスビザの申請には、ベトナムのパートナー企業からの招待状が必要であります。

居住許可

居住許可は外国人が雇用期間中にベトナムに滞在する権利を与え、これにはワークパーミットと同じ有効性があります。

ベトナムで成功する採用募集

適切な候補者の募集、選考、および採用に関連する一連のプロセスを確保するために第三者期間へサービスを外部委託することが有益です。