ベトナムのビザとワークパーミット取得の手順

ベトナムのビザおよびワークパーミットの手続きは、初めて取得する人にとっては少し複雑です。Vietnam Briefingでは、長期滞在者向けにビザおよびワークパーミット取得の方法を解説します。

ベトナムを訪れる外国人労働者の数は近年着実に増加しており、2018年末には80,000人を超えています。100か国以上からベトナムに来る外国人労働者のほとんどは、外国資本の会社に雇用されたり、直接投資(FDI )プロジェクトに携わっています。

ベトナム人の事業体は、現地採用で生産やビジネスに見合う要件を満たすことができないマネージャー、エグゼクティブディレクター、および専門家を雇うために、外国人労働者を募集することが許可されています。他の特定のアジア諸国とは異なり、ベトナムの駐在員事務所はスタッフを直接雇用することもできます。ベトナムのビザと労働許可証の手続きは、初めての訪問者にとって混乱を招く可能性があります。ベトナムのブリーフィングでは、長期訪問を計画する際に、外国人が注意すべき手順と手順について説明しています。

ベトナムに来る外国人熟練労働者の数は近年着実に増加しており、2018年末には80,000人を超えています。ベトナムに来る外国人労働者のほとんどは、外国直接投資(FDI )100か国以上からのプロジェクト。

ベトナム人の事業体は、現地採用がまだ生産およびビジネス要件を満たすことができないマネージャー、エグゼクティブディレクター、および専門家として働くために外国人労働者を募集することが許可されています。他の特定のアジア諸国とは異なり、ベトナムの駐在員事務所はスタッフを直接雇用することも可能です。

外国人社員の採用の30日前に、採用の必要性を実証するために、企業はベトナムの新聞またはオンラインポータルでベトナム人求職者に該当ポジションの採用を公表する必要があります。

この公示の証拠は、外国人社員の労働許可の申請書に提示する必要があります。その他の選択肢としては、政府の雇用サービスセンターを通じて外国人を募集することです。

ベトナムで外国人社員を雇う場合、多くの手順と法的枠組みがあります。

ビザの種類

ベトナムに入国するためには、外国人はベトナム大使館もしくは領事館から発行されたビザが必要です。 ASEAN加入国の国民は、15日から30日間有効のベトナムへの入国ビザを受け取ることができ、またベトナム政府は30日間有効の電子ビザを80カ国以上に発行しています。

一方、ベトナムでの労働や長期間滞在するためには、外国人は3ヶ月以上のシングルまたはマルチ入国ビザを申請する必要があります。

関連するビザの種類は次のとおりです。

ベトナムのビザとワークパーミット

ワークパーミット取得の手順と要件

ベトナムで3か月以上働く場合、ワークパーミットが必要です。これは、外国人労働者が雇用を開始する15日前に、雇用主が労働社会省(MoLISA)に申請することが必要です。この処理には最大10営業日かかります。

ワークパーミットが義務付けられていない場合、ベトナムでの就業開始の7日前に地域のMoLISAに通知を提出する必要があります。現在、外国人のワークパーミットは最長3年間有効であり、更新することはできません。企業が外国人労働者の雇用を継続したい場合は、新しく申請書を作成する必要があります。

ワークパーミットの取得には、申請者は以下の条件を満たす必要があります。

  • 18歳以上
  • 仕事に支障がない健康な状態
  • 仕事に必要な技術的スキルと知識を持つマネージャー、エグゼクティブディレクター、または専門家であること。
  • ベトナムもしくは海外で刑事訴追や刑事宣告の対象となっていないこと
  • 犯罪歴がないこと

ワークパーミットは、次の状況で終了する場合があります。

  • ワークパーミットの期限切れ
  • 労働契約の終了
  • 労働契約の内容が許可された労働許可と一致していない場合
  • 外国人社員が外国人雇用主によって解雇された場合
  • 認可された地方機関によるワークパーミットの撤回
  • ベトナムの会社、組織、およびパートナーの運営の終了
  • 外国人が刑務所に収容された場合
  • 死亡した場合
  • 法廷で行方不明と認定された場合

また以下の状況であれば、外国人がワークパーミットをする必要はありません

  • ベトナムでの3か月未満の就労
  • 2人以上の社員がいる有限責任会社のメンバー
  • 社員が1人だけの有限責任会社の所有者
  • 合資会社の取締役会の社員
  • 製品やサービスを販売するためにベトナムに来る販売者
  • ベトナムの専門家または現在ベトナムにいる外国の専門家が解決できない、生産に影響を与える可能性のある緊急事態もしくは技術的に複雑な状況を解決するために3か月未満の期間でベトナムを訪問する場合
  • ベトナムで専門的な許可を得た弁護士
  • 駐在員事務所、プロジェクト事務所の長、またはベトナムの外国の非政府組織で従事する人

エンタープライズ内で内部移転され、ビジネスサービス、情報サービス、建設サービス、流通サービス、教育サービス、環境サービス、金融サービス、健康サービスなど、世界貿易機関とのベトナムのコミットされたサービスリストに商業的な存在感があります。観光サービス、文化および娯楽サービス、輸送サービス。

ベトナムとの間に署名されたODAに関する国際条約の規制または協定に従い、政府開発援助(ODA)を使用するプログラムやプロジェクトの調査、構築、監視、評価、管理、処理に役立つタスクに関するコンサルティングサービスを提供するためにベトナムを訪問する、認可されたベトナム代理店および外国代理店。

ベトナム当局は、ワークパーミットに関して近年厳しくなっています。ベトナムで就労許可なしで就労した者は処罰されるか、ワークパーミットの要件を満たせない場合は15日以内に本国に送還されます。さらに、雇用主の業務は3か月間停止される場合があり、最大3,300米ドルのペナルティが科される可能性があります。

一時在留カード

1年以上有効なワークパーミットを保持している外国人と上級管理職には、一時滞在カード(TRC)を発行可能です。 TRCは、公安省の管理下で入国管理局によって発行され、ビザの種類に応じて1〜5年間有効です。

TRCを発行された人は、TRCの有効な条件内でビザなしでベトナムに出入りできます。通常、処理時間は5営業日かかり、手数料はカードの期間に応じて60米ドルから100米ドルです。

永住権カード

ベトナムで生計を立てている間に合法的に居住している外国人は、永住者カード(PRC)も申請できます。ただし、次の条件が適用されます。

  • ベトナムの発展のために働き、政府からメダルまたは称号を授与される外国人労働者
  • 3年以上連続して一時的にベトナムに居住し、ベトナム国民もしくは永住権を持つ親、配偶者、または子供のいる外国人
  • 大臣または政府機関の長により推薦された外国の科学者および専門家

通常、処理日数は5営業日で、手数料は100米ドルです。 PRC保有者はビザなしでベトナムに滞在できますが、10年ごとに再発行する必要があります。