ベトナムで住む場所

ベトナムは大変住みやすく、そのユニークな文化や優れた生活環境、成長の可能性を秘めた経済により、理想的な場所とされています。そしてこの国は多くの外国人を魅了し、ベトナムを第二の故郷と呼ばせるほどです。

ベトナムのベストな街は?

サイゴン

アクティビティ満載のライフスタイルを求めているのであれば、サイゴンは最適な街です。首都ではないものの、街は活気に満ちて仕事と遊びの両立を実現させます。街には多くの就業機会があり、エンターテイメントも尽きません。

さらに、大都市であるにもかかわらず生活費がリーズナブルな範囲で、ショッピングの充実も魅力の一つです。また、交通手段も多岐にわたり、非常にアクセスしやすいとされています。

>現地生活参考ブログ

ニャチャン市

ベトナムの南に位置する沿岸都市ニャチャンは、景色が自慢の街です。目をさますと、深い青色の海とそびえ立つ山が見える、それがニャチャンの生活です。地平線を見つめると、小さな旗のついた漁船が空に映える静かな景色が広がります。

この街の美しさはまだ多くの人に知られておらず、来たるブームに備えて建設ラッシュが始まりました。特にラッシュアワーの間は作業が行われますが、それでもハノイやサイゴンよりもゆったりとした生活を送ることができます。もし海辺での生活を検討するならニャチャンはその選択肢に入ります。

ニャチャンには多くの外国人、特にロシア人のコミュニティがあることも特筆すべき点です。

>現地生活参考ブログ

現在、鋭意探索中。

ダナン

ベトナムでバランスの取れたライフスタイルを求めているのなら、ダナンがおすすめです。街はビーチ沿いにあり、その中心にはハン川が流れています。ダナンはきれいで、アクセスしやすく、整備が行き届いておりレストランやナイトライフも充実しています。また、地元の料理は国内でも人気が高いことで有名です。

もうひとつのダナンの魅力は地元の人がとてもフレンドリーで、旅行者が外国人であろうと常に親切にしてくれます。

ダナンは都会の喧騒とは程遠く、時間がゆっくりと流れます。ベトナム国内でも最も安全な街のひとつであり、サイゴンなどの大きな街で見られる軽犯罪はほとんど見かけません。また、約30分ほど離れた場所にはユネスコ遺産に登録された街、ホイアンがあります。

一点注意しておきたいのは都会とは離れているため、少し言葉の壁を感じる可能性があります。

>現地生活参考ブログ

ベトナムの生活費

ベトナムという国は急速発展していますが、それでも生活費はかなり手頃な国です。ヨーロッパに比べ半額くらいで生活用品が手に入り、他の東南アジア諸国に比べても安いです。

家賃の平均はホーチミンが最も高く、首都ハノイがその次です。それでも、多くの外国人がホーチミンでは月額1,000ドルほど、ハノイでは月額わずか500〜600ドルで快適に暮らすことができます。また、豪華なライフスタイルを楽しみたい人は家賃約4,000ドルのマンションに住み、一流のレストランでの食事や旅行を楽しみます。

ホイアン、ブンタウ、ダナン、ニャチャンなどの小さな都市や町では、生活費がさらに半減します。毎月1,000ドルの予算で生活費、食料品、ハウスキーピングサービス、外食費、エンターテイメントまでカバーすることができ、ビーチから徒歩圏内にある家に住むことも可能です。

ベトナムは生活費の面で手頃な国ですが、どんなライフスタイルを送りたいかによって変わります。例えば輸入品は地元のものよりも高価なため生活費が高くなります。逆に、地元のライフスタイルに適応することで毎月の支出を大幅に削減することができます。

ベトナムはセカンドライフを送るのに良い場所ですか?

はい、ベトナムはセカンドライフを送るのに良い選択と言えます。安い生活費でハイクオリティな生活を送ることができる海辺の都市が多くあり、ビーチや海の近くでの生活は健康にも良いとされています。ブンタウはベトナム初の海辺のリゾートであり、多くの外国人がセカンドライフを送る本拠地となっています。ここではリラックスした生活を送ることができ、毎月3,000ドルの予算で退職後の豪華なライフスタイルを堪能することができます。

ブンタウは最も物価の安い都市ということはありませんが、その優れた信頼性と高度なインフラストラクチャが多くの外国人にとって魅力的です。また、道路は手入れが行き届いており、新しく建設された高速道路や運動器具を備えた公園が生活のレベルを向上させます。

ブンタウは外国人にとっても安全な都市であり、軽犯罪すらほとんどおきません。例えば、盗難などの被害が少ないことからバイクのヘルメットをロックする必要がありません。市内での豊富な活動も魅力のひとつであり、人々はジョギングやサーフィンを楽します。また、海風とその素晴らしい気候により、カイトフライングに最適な場所ともされています。さらに街では毎年国際的なお祭りが開催され、愛好家や観光客に人気を博しています。

ベトナムで外国人が住むのに最適な場所はどこでしょうか?

進歩的な経済と安価な生活費、豊富なアクセスによりベトナムが外国人にとって人気なのは明白です。わずかな予算でも、多くの外国人が現代的な生活を送りながら素晴らしい熱帯気候を楽しむことが可能です。

ホーチミン市

国内最大の都市であるホーチミンには人口が密集しています。街は頻繁に渋滞しますが、24時間快適に生活することができます。12の地区から構成されるこの街は公園や博物館からショッピングモールやナイトライフに至るまで、さまざまな地元のアメニティに飛んでいます。

また、ホーチミン及びベトナム全土に関して慣れ親しむコミュニティがすでに存在するため、この街は外国人にとって大きな助けになることが多いです。

ハノイ

ハノイはベトナムの首都ですが、ホーチミンとは反対に伝統的な雰囲気を大事にし、国の歴史と文化に自信を持っています。ハザン、ニンビン、サパ、カオバン、マイチャウ、ハロン湾などハノイ周辺の都市では涼しい気候を楽しむことができ、アクセスもしやすいです。

ハノイも大きな都市であるため、生活費はホーチミンとさほど変わりません。ホーチミンほどモダンではありませんが、ハノイにはショッピングやレストラン、ナイトライフが充実しており、公園もたくさんあります。

市内に住む外国人の多くにはドンダ地区やタイホー周辺が人気です。

ホイアン

小さな街に住みたい人にとってホイアンは素敵な選択であり、ランタンに照らされた路地のある美しい旧市街が魅力的です。ここでは、地元料理に使われる有機ハーブや野菜が栽培されているトラケ野菜村が有名です。

この静かな街からクアダイとアンバンのビーチにもアクセスすることもでき、ダナン市までも車でわずか30分です。

ホイアンは生活費が安価で、多くの外国人は月に約400ドルほどの予算で快適に暮らすことができます。

ハロン市

以前はあまり注目されていませんでしたが、最近外国人にもある程度の認知を得てきました。人気の観光スポットであるハロン湾がある街で、その静けさが人気です。街の混雑から離れて暮らすには最適な場所です。

ムイネー

ムイネーの街は外国人にとって冒険的な場所であり、海岸沿いのリゾート、息をのむようなビーチ、そして砂丘があります。楽園のようなこの南部の都市での生活は都会の喧騒から離れ、人生に贅沢を与えます。国際的なお祭りの期間には観光客が訪れ街はさらに活気を得ます。

ダラット

この古風な趣のあるこの街は、ヨーロッパで慣れ親しんだ涼しい気候を好む外国人にとって最適です。ダラットは標高1,500メートルに位置しており、年間を通して涼しい気候が特徴的で、地元の人や外国人はその気候に育まれた素晴らしい料理を楽しんでいます。さらにフランスの影響を強く受けたこの街の建築物のほとんどは、カラフルなフランスの建築様式を踏襲しています。

ナイトライフはそれほど充実しておりませんが、レストランは大変魅力的です。また、公園、スーパーマーケット、カフェもあり、時間を無駄にすることはありません。