ヘッドハンティングとリクルートの違いは何ですか?

「リクルーティング」と「ヘッドハンティング」という用語は同じ意味で使用されることがありますが、明確かつ重要な違いがあります。

リクルーティングとヘッドハンティングの主な違いは、リクルーターが転職に興味を持っている意欲的な求職者のリストから探し出すのに対して、ヘッドハンターは業務に必要な経験と資格を持つ専門家を積極的にします。ヘッドハンターは、基本的に受け身な求職者を含む人材市場全体から採用するため、リクルーターよりも有利です。人材紹介会社との連携を検討する際には、企業が提供するサービスを熟知し、それらのアプローチの違いを理解することが重要です。

リクルーターとは何ですか?

リクルーターは企業に代わって適格とされる候補者の検索を行いますが、そのプロセスと責任はより広範囲に及びます。リクルーターが企業で働いていても、会社の人事部門で働いても、求人への回答として送信された履歴書を確認し、そのポジションに適した候補者を選別します。また、採用プロセス全体の役割に関する連絡先としても機能し、候補者と企業間のコミュニケーションを促進します。採用担当者は、多くの場合同じフィールド内の複数の案件を一度に処理し、アクティブな求職者との関係を構築し、適切な案件を推奨します。

ベトナムを代表する日系リクルーター会社(人材紹介会社)

ベトナム就職なら人材紹介会社キャリアリンクベトナム

アジア海外 転職支援サービス RGF(リクルート)

日本とベトナムの距離をなくすGAコンサルタンツ

ヘッドハンティングとは何ですか?

ヘッドハンティングでは、候補者が積極的もしくは受動的であるかどうかに関係なく、特定の役割における理想的な候補者を探すために特定の検索を実行する必要があります。転職に積極的な候補者は専門職のネットワークに足を踏み入れ求人の内容に応じて履歴書送っていますが、受動的な候補者はすでに採用されているケースが多く、新しい転職の機会を求めていません。独自の望ましいスキルセットを備えた高いレベルのポジションの場合、受動的な候補者がより望ましいです。該当の候補者は新しい機会を積極的に探しているわけではありませんが、ウィリスタワーズワトソンの調査によると、社員の70%以上がキャリアを前進させるために企業を退職しています。理想的とされる多くの候補者は、競合他社で採用されているため、ヘッドハンターは候補者との接触を開始して候補者と会社間のコミュニケーションを促進します。また、高いレベルのポジションでは機密性の高い検索が必要になることも一般的であるため、多くの企業は、優秀な人材を探し出し、公募求人や口コミを避けるためにヘッドハンティング会社に依頼することを選択します。

ベトナムを代表するヘッドハンティング会社

Harvey Nash Group

ManpowerGroup

NIC HR

*ヘッドハンティング会社は登録しなくても、スカウトされることがあります。

結論として

ヘッドハンターとリクルーターはどちらも、企業に代わって候補者探しおよび採用プロセスを実施する上で重要な役割を果たします。ヘッドハンターは資格のある人の限られた範囲で役割の包括的な検索を行いますが、採用担当者はアクティブな求職者を精査し、企業の要件を満たす候補者の推薦を行います。企業は、第三者と提携して空いているポジションの検索プロセスを実行する前に、それらの違いを理解する必要があります。