ヘッドハンターと人材紹介会社の5つの違い

募集要件に合う適切な候補者を見つけることは簡単なことではありませんが、適切なサポートさえあれば、採用担当者は条件にあった人材を見つけることが可能です。人材紹介会社やヘッドハンターと協力することは、自力で候補者を見つけるためにかなりの時間とリソースを投資するよりもはるかに費用効果が高くなります。

人材紹介会社やヘッドハンターと人材探しを始める前に、これらのサービスが求人を募集している企業に提供するものに関して理解すべき5つの重要な違いがあります。

候補者

通常ヘッドハンターと人材紹介会社は、あらゆるタイプの候補者を検索します。人材紹介会社は、積極的に職を探している求職者を探します。一方、ヘッドハンターは普段積極的に転職活動していない候補者を見つけることに集中します。この場合、募集要件に合致する候補者を探すことが難しいです。

プロセス

求職者と企業マッチングさせるプロセスは、人材紹介会社を経由する場合とヘッドハンターを経由する場合でそれぞれ違う方法で処理されます。たとえば、人材紹介会社は通常、候補者を見つけるために募集広告を掲載し、企業が求人案件を出した時に提供する十分な求人データベースを持っています。

それに対して、ヘッドハンターは少し違い、特定のポジションの募集案件を受け取ると、市場全体(現在転職活動をしていない人を含む)を探して、その時に最適な候補者を見つけます。

ポジション

人材紹介会社は通常、多くの企業と協業し人材募集のニーズを満たすためにさまざまな役職に就くことができる幅広いスキルを持つ候補者を探します。

ただし、ヘッドハンターは特定の職の要件に合う候補者を探すため、高度に専門化されたスキルセットを持つ人材を探します。

役割

前述で説明したように、人材紹介会社は複数の会社と連携し多数の候補者を探す必要があります。

ヘッドハンターは高度に専門的なポジションや、幹部、および要件の厳しいポジションの候補者を探します。そのため、通常は一度に少数の候補者を探します。

時間

人材紹介会社はクライアントに多数の候補者を紹介する必要があるため、人材の件数により焦点を置きます。つまり、各ポジションと候補者とごくわずかな時間で選考を行い、次の案件に移ります。

ヘッドハンターは、簡単に見つけることができない厳しい条件に最適な候補者を見つける必要があります。そのため、該当ポジションに適切な人材であるかどうか確かめるために、1人の候補者に長い時間を費やすこともあります。

ヘッドハンターまたは人材紹介会社の選択

ヘッドハンターや人材紹介会社と協力し、候補者を探すことを考えている場合は、上記の5つの違いに留意してください。また、必要となる可能性のある経費に関しても検討してください。

ヘッドハンターは、該当ポジションを募集している会社から手数料を受け取り、人材紹介会社は、採用募集をかけている会社が役職にふさわしい候補者を見つけた場合に、その会社から手数料を受け取ります。

採用決定をする場合、雇用契約に署名する前に人材紹介会社またはヘッドハンターが提示するサービスへの対価を必ず確認してください。